高知 23 Nov - 24 Nov 2014

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

11/23,24の二日間、高知に行ってきました。

二日間の短い滞在でしたが、Instagramにどんどん写真をアップしてました。

 

今回の目的は、宣伝美術で関わらせていただいている映画「0,5ミリ」の

高知特設劇場での映画鑑賞、11/23(日)夜におこなわれる寺尾紗穂さんの

ライブと劇場の壁面への壁画制作など。

観光も楽しめました。

 

簡単ですが、以下にまとめを残しておきます。

 

1日目 11/23(日)

宣伝美術を一緒に制作したサンアドのコピーライター岩崎さん、デザイナー

島田さん二人と朝7時半に羽田に集合し、高知に向かう。1時間半で到着。

あっという間に到着。

 

到着早々、日曜市へ。チャーテ、イタドリなどの初見の野菜や芋てんなどの

惣菜が並ぶ。民芸品もいくつかある。すごい活気。

 

昼ごはんは、ひろめ市場へ。あふれる人たちの中、席を確保して、

日曜市で買った惣菜などを生ビールと共に。

 


その後、牧野富太郎植物園へ。

タクシーから降りて、現れる大きな温室の外観に楽しみが膨らむ。

期待どおり、温室は植物が無数に生い茂り、

天高のガラスばりの屋根も中から見て美しい。外は紅葉が綺麗。

館内の牧野氏の資料、企画展もすばらしい。

 

夜は、映画「0,5ミリ」高知特設劇場での寺尾紗穂さんのライブ。

初めて訪れた劇場は、数ヶ月前は公園の広場だった場所に建てられたもの。

古い映画館から移設された椅子は座り心地がよい。映画館で聴く歌は美しい。

 

ライブ終了後、会場壁面にドローイング。主人公・サワちゃんのイラストを描く。

その後、呑みの席へ合流。安藤桃子さん、安藤和津さん、スタッフ、友人の

大所帯の宴会。くだらない話をして満喫。深夜、ホテルに戻る。

 

2日目 11/24(月) 


朝、「横山隆一まんが館」が近くにあるというので立ち寄る。

立ち寄るだけのつもりが、長居。

漫画やアニメ、イラストの楽しさが伝わる作品の数々に見入ってしまう。

また、横山氏の生活や言葉の魅力も少し知る事ができた。

 


その後、沢田マンション。補修、改装を繰り返している有名なマンション。

ところどころ大胆で、傾斜をあがっていく仕組みは初めての体験、

なにより住みやすそうな雰囲気が印象的だった。空き室もあるよう。

 

昼食。街を少し巡り、おでん、練り物などをつまみつつ、

海鮮丼を目当てにひろめ市場へ再び。

街を歩いていると、集まって、外でご飯を食べたり、

談笑してる人がとても多いのが印象に残った。

 


その後、再び、映画「0,5ミリ」高知特設劇場へ、映画を鑑賞。

たくさんのお客さんが映画を楽しんで見ていた。

劇場前では、露店が並び、その中のマッサージ屋さんで

30分マッサージをうけると、帰る時間。

桃子さん、スタッフの皆さんとお別れし、龍馬空港へ。

羽田には夜到着。

 

短い時間でしたが、楽しい高知滞在となりました。

 

日差しの強さ、昼夜の寒暖差、低層階の建物、広い道幅は、

数年前に訪れたサンフランシスコと似ている印象もありました。

また、人の横のつながりを、短い間でもたびたび感じました。

映画「0,5ミリ」制作チームとの関係も横のつながりが強く、

高知らしい進め方だったのかもしれません。

 

 映画「0,5ミリ」は全国で公開中。

期間延長やこれから公開される映画館もありますので、

ぜひお越し下さい。

 

映画『0.5ミリ』公式サイト

 

よろしくお願いします。

 

Noritake

New York 23 Sept - 2 Oct 2014

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

9/23から10/2までニューヨークに行ってきました。

滞在中はInstagramにどんどん写真をアップしてました。

簡単ですが、以下にまとめを残しておきます。

 


Instagram

9/23 成田からJFKへ。その晩、チャイナタウン散策、18時を過ぎるとギャラリーはどこも閉まっている。渡米チームと南川史門さんとお粥屋へ。初日から2日間の宿泊はチャイナタウンのニューワールドホテル。ベッドしかない部屋。。

 


Instagram

9/24 チャイナタウン~ブルックリンブリッジ~WTCからホイットニー美術館のジェフ・クーンズ回顧展/常設展。圧倒的なサイズ、多様な手法、嫉妬もおきない。セントラルパークを歩いて、MOMAでのレセプション~ステファン・マルクス、在米の日本人の方たちと上海料理

 


Instagram

9/25 昼は蓮沼さん、ひまさん、作本さんとグランドセントラルのオイスターバーでランチ。ひとり1万円!そのあと、PS1 NABF搬入へ。ジンズメイトの東さん、オリバー、デザイナーの山下さんと合流。外ではサーストン・ムーアが練習してる。搬入を終えてブース散策。いくつか気になる本を購入。その後、レセプション、大量のお客が押し寄せる。その夜から蓮沼さんちにステイさせていただく。居心地よい。

 


Instagram

9/26 昼からチェルシーへ。日本のみんなと在米の元デイリープレス・ベンジャミンも同行し、ギャラリーを回る。ジョナサン・モンクが特に秀逸、ジェフ・クーンズと対比してみるとおもしろい内容。夜はMOMAの無料開放日。常設のみだけど、圧倒的なボリューム。

 


Instagram

9/27 ブルックリンへ。ユダヤ街などを散策。夕方、ひまさんのパフォーマンスのため、PS1へ。ブタによるドローイング。夜はNABF出展者とロブスターレストラン。Nivesベンジャミン、ステファンと話す。メフンヘのメルセデスとも再会。出展者のユニスとビーコンへ行く約束も。

 


Instagram

9/28 フェア最終日。相変わらずの混雑。3階では、搬入時に練習していた劇団のパフォーマンスが行われていた。客を空間におきながら、複数人で奇妙な動きを展開していて楽しい。ブースを一回りして気になる本を買い、ユトレヒトの買い付けの手伝いで、いくつかの本を仕入れる。(ちかくユトレヒトで販売されると思います。)フェアでは最終的に、本は3分の2ほど売れて、一安心。晩ご飯は台湾、ベルリンのチームとタイ料理。

 


Instagram

9/29 グランドセントラルからビーコンへ。1時間半ほどで到着。Sol LewittやJoseph Beuysなどを大きな空間で味わう。やはり、本で見るのとは全く違う醍醐味。河原温のTodayシリーズは一空間を埋めていた。MOMA、ホイットニーなども観てきたから、半ば、大きなミニマルアートに疲れたといった状況。ビーコンの街を少し散策し帰路。夜はPARTYの川村さんと蓮沼さん、ひまさんとステーキハウスへ。うまい。

 


Instagram

9/30 昼にカウズのスタジオへ蓮沼さんとひまさんで。彼のアートコレクション、制作中の作品、スタジオなどを拝見。夕方、Wieden+KennedyYuiさんの事務所内に壁画を描きにいく。夜は、ひまさんと合流し、X'an Famous Foodへ。2回目、安定のうまさ。

 


Instagram

10/1 体調を崩して、午前中は安静に。少し回復し、ひまさんと合流。チャイナタウンまわりのギャラリーを少し見て回る。廃材再利用みたいなものが多い。夜はダンボにあるPARTYの事務所へ壁画を描きにいく。行きたかった真夜中、タイムズスクエアでのRyoji Ikedaインスタレーションには間に合わず。

 


Instagram

10/2 最終日。昼のフライト前に、蓮沼さんと朝食を。1週間お世話になりました。

 

というわけで、日本では経験しない動き回った10日間でした。

前半はブックフェアを中心に、後半は壁画制作をおこない、合間に散歩。

 

まだ全然整理つかないけど、

NYでお世話になったのは、ここに書ききれない多くの日本人の皆さんで、

英語のままならない中で頼りになるのは同郷の仲間というところでしょうか。

在米経験のある、ひまさんの完璧なアテンドも助かりました。

 

個人的には、ブックフェアでかっこいい本を作ってるいくつかの人とその作品、

大中小のギャラリーでの作品鑑賞、街の中にある看板や落書き、ゴミの中に

色々なヒントがあった気がします。

雑貨や服などは、日本で買えば良いかなと思ったところ。

 

初めてのニューヨークはとても楽しい経験でした。

また、来年もNABF出展や他の仕事などで行きたいなと思っています。

 

Noritake

SEE BY YEAR 2015 / SEE BY DAY 2015

 
こんにちは。
Noritakeです。
 
来年2015年の年賀状とカレンダー2種を10月上旬に発売します。

   f:id:hynm_noritake:20140909204606j:plain

SEE BY YEAR 2015

2012年から制作している年賀状「SEE BY YEAR」の2015年版。

f:id:hynm_noritake:20140909204338j:plain

裏は、年賀状仕様です。
 
次いで、カレンダー「SEE BY DAY」。こちらは、2013年版より制作しています。
 

f:id:hynm_noritake:20140910211158j:plain

SEE BY DAY 2015 (poster)
壁に貼って使用。

f:id:hynm_noritake:20140909204349j:plain

SEE BY DAY 2015 (notebook)
 
 

 

f:id:hynm_noritake:20140909204247j:plain

中ページ。スケジュール帳になっています。持ち歩いたり、壁に貼ったり、
A5サイズなので、「SBN(Super Binding Notebook)」(http://goo.gl/F8DTwV)に
入れてもらってもいいです。こちらは今回、角R加工に変更予定です。
 
「SEE BY YEAR 2015」             129yen
「SEE BY DAY 2015 (poster)」           540yen
「SEE BY DAY 2015 (notebook)」           648yen
 
お取り扱いは、日頃より、商品をお取り扱いいただいてるお店や、
ネットストア N store などで販売させていただく予定です。 
 
では、10月上旬の発売まで少々お待ちください。
よろしくお願いします。
 
 
 

岡山未来づくりプロジェクト

 
こんにちは。
Noritakeです。

f:id:hynm_noritake:20140906224848p:plain

9/7から岡山市で始まる「岡山未来づくりプロジェクト」のロゴマークと
タイトル文字を担当させていただきました。
マークは、岡山の名産の桃を頭にのせた男の子になります。
 
これから随時、ポスター、チラシ、のぼり、スタッフTシャツなど、
岡山市の各所で見ていただけるかと思います。
 
岡山市は個人的にも祖父母の住まいで、小さい頃はよく遊びにいっていた
思い入れのつよい街です。小さい頃から桃はよく食べました。
今回、関わらせていただいて、とてもうれしく思っています。
 
ぜひ、岡山の皆さんやこれを機に岡山市を訪れる方々には、
このプロジェクトを楽しんでいただけたらと思っています。
 
では、宜しくお願いします。
 
 
_
 
岡山未来づくりプロジェクト

資生堂 IHADA

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20140825152618p:plain

 

資生堂のノンステロイドの顔のハダトラブル治療薬、

「IHADA<イハダ>」が発売されます。

そのシリーズ全般のイラストを担当させていただきました。

f:id:hynm_noritake:20140731074522j:plainf:id:hynm_noritake:20140825154317p:plainf:id:hynm_noritake:20140825154224p:plain

 

 

湿疹、皮膚炎、かゆみ、あせもなど、様々な肌トラブルをケアする医薬品や

普段使いの洗顔料まで様々なタイプの商品が展開されます。

 

9月1日より全国のドラッグストアでの販売が開始となります。

これから随時、新商品やWEBサイトやCM、店頭ではポスターなども公開予定です。

 

ぜひ、店頭にてご確認ください。

よろしくお願いします。

 

Noritake

_

 

資生堂 IHADA

http://medical.shiseido.co.jp/ihada/

 

SOME PRODUCTS at Keibunsha

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20140103222548j:plain

 
9/15から10/15まで、恵文社一乗寺店さんにて、
グッズを集めたフェア『SOME PRODUCTS』を開催いただきます。
ドローイングをまとめた冊子やZINEなどの作品集にくわえ、
これまでに制作してきたTシャツ・トートバッグ・バッヂや、
ノート・サインペンなどのグッズを販売いただきます。
また、フェア用に描きおろした作品も展示いただきます。
 
ぜひお立ち寄りください。
よろしくお願いします。
 
恵文社一乗寺店
http://goo.gl/1CrOm3
 

0.5ミリ

 

こんにちは。

Noritakeです。
 

f:id:hynm_noritake:20140722103245j:plain

 
2014年11月公開予定の安藤桃子監督による映画「0,5ミリ」の
ポスタービジュアルのイラストを担当させていただきました。
ポスターは2種類あり、主役の安藤サクラさんの写真ポスターと
あわせて制作されました。
 
ポスターは、葛西薫さん監修のもと、サン・アド
チームと一緒に制作させていただきました。
 
イラストは、登場人物を映画のシーンにはない状況に集めて描いています。
映画を観ていただいたあと、イラストを見直していただくと、
別の印象をもっていただけるかもしれません。
 
素敵な映画です。
ぜひ、映画館へお越しいただけると嬉しいです。
 
ちなみにポスター以外、本映画の全般のイラストで関わらせて
いただいていますので、別のイラストも公開までに
いくつか見ていただけるかと思います。
 
では、よろしくお願いします。
 
 
_
 
映画「0.5ミリ」映画.com記事
 
映画.com作品情報