読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横になる ー Noritake

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20150509000902j:plain

 

8月6日(木)から31日(日)まで藤井大丸4FのHUMOR SHOP by A-netにて、

企画展示『横になる』を開催いたします。

6月に東京のCABANE de ZUCCa MINAMIAOYAMA、CABANE de ZUCCa

DAIKANYAMAにて同時開催した同展の巡回となります。

 

会場には『横になる』をテーマにした描き下ろしドローイング、

シルクスクリーンプリント作品にくわえ、シャツやバッグなどの

コラボレーショングッズがならびます。

 

今回の巡回のために、追加で京都をテーマにドローイング1点を

描き下ろし、Tシャツとして販売されます。

f:id:hynm_noritake:20150728021615j:plain

30日(日)14時から16時は、会場にてクロージングパーティーをおこないます。

 

関西の皆様、ぜひお越しください。

よろしくお願いします。

_

 

『横になる - Noritake

8月6日(木)〜31日(月)

 

HUMOR SHOP by A-net

京都府京都市下京区四条寺町 藤井大丸 4F

TEL:075-741-7463

OPEN:10:30-20:00

http://www.a-net.com/shoplist/2010/03/10/014806.html

 

THIS IS A PEN at PAPIER LABO.

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

サインペン「THIS IS A PEN」のインク3色(黒赤青)の

白軸バージョンの発売を記念したフェアを千駄ヶ谷PAPIER LABO.にて、

5月20(水)より6月28日(日)まで開催いただきます。 

 

2011年の「THIS IS A PEN」発売当初より、検討していた白軸発売を

4年越しに実現することができました。

2011年に発売時、初めて取り扱っていただいたのがPAPIER LABO.で、

そのご縁で今回のフェアにご協力いただくことになりました。 

 

f:id:hynm_noritake:20150503173515j:plain

THIS IS A PEN (白/黒)   ¥300-(w/o tax)

f:id:hynm_noritake:20150503174233j:plain

THIS IS A PEN (白/赤)   ¥300-(w/o tax)

f:id:hynm_noritake:20150503173949j:plain

THIS IS A PEN (白/青)  ¥300-(w/o tax)

f:id:hynm_noritake:20150503174735j:plain

THIS IS A PEN (白/黒赤青) 3本セット ¥900-(w/o tax)

 

単品および3色セットの白軸「THIS IS A PEN」の発売にあわせて、

フェアを記念した活版印刷によるイラストカード

THIS IS A PEN (card)」も6/10より発売いたします。

f:id:hynm_noritake:20150612150602j:plain

THIS IS A PEN (card)  ¥500-(w/o tax)

 

イラストカードのイラストは店頭壁面に直接ドローイングも施しました。

instagram.com

ぜひお越しください。

 

くわえて、白軸サインペンは、ネットストアでの販売も開始しました。

https://nstore.stores.jp/

 

また、グッズの取り扱い店舗でも随時お取り扱いいただく予定です。

 

よろしくお願いします。

_

 

THIS IS A PEN at PAPIER LABO.

5月20日(水)~終了日未定

 

PAPIER LABO.

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-52-5104

電話 03-5411-1696

定休日 月火

営業時間 12:00 - 19:00

http://papierlabo.com

横になる - Noritake

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20150509000902j:plain

 

64()から25()までZUCCaとの企画展示『横になる』を

CABANE de ZUCCa MINAMIAOYAMACABANE de ZUCCa

DAIKANYAMAにて同時開催いたします。

 

会場には『横になる』をテーマにした描き下ろしドローイング、

シルクスクリーンプリント作品にくわえ、シャツやバッグなどの

コラボレーショングッズがならびます。

 

南青山店、代官山店それぞれ異なるディスプレイでの展開となっており、

原画は2店舗に振り分けて展示しています。

ぜひお越しください。

 

retoys.net

 

よろしくお願いします。

_

 

『横になる - Noritake

64()〜25()

 

CABANE de ZUCCa MINAMIAOYAMA

東京都港区南青山3-13-14

TEL: 03 3470 7488

OPEN: 11:00-20:00

 

CABANE de ZUCCa DAIKANYAMA

東京都渋谷区猿楽町11-1 ラ・フェンテ代官山1F

TEL: 03 6416 9585

OPEN: 11:00-20:00

www.zucca.cc

 

BRUTUS No.799 / MOOK「特別編集 合本・尊敬できる日用品。」

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20150414085115j:plain

 

4/15発売のBRUTUS 2015年5/1号 No.799『尊敬できる「骨董品」。』の

カバーおよび巻頭イラストを担当いたしました。

http://magazineworld.jp/brutus/brutus-799/

 

f:id:hynm_noritake:20150414085335j:plain

また「BRUTUS No.755」、「BRUTUS No.770」の日用品特集号をまとめた

ムック「特別編集 合本・尊敬できる日用品。」のカバーイラストおよび

巻頭イラストも担当いたしました。カバーは描き下ろし、巻頭イラストは

以前のイラストを使用いただいています。

http://magazineworld.jp/books/paper/5006/

 

 

ちなみに、BRUTUS は、ムックを含めると、これまで5冊の

カバーイラストを担当いたしました。

ぜひ、バックナンバーもご確認ください。

 

f:id:hynm_noritake:20121020222557j:plain

BRUTUS No.742」

 

f:id:hynm_noritake:20150113025955j:plain

BRUTUS 特別編集 もっとおいしいコーヒーの進化論。」

 

f:id:hynm_noritake:20150111072928j:plain

BRUTUS No.755」

 

f:id:hynm_noritake:20131225161155j:plain

BRUTUS No.770」

 

 f:id:hynm_noritake:20150113030112j:plain

BRUTUS No.793」

 

よろしくお願いします。

 

Noritake

Noritake - PAN

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20150302041643j:plain

 

3/19(木)から4/5(日)まで、AT THE CORNER by ARTS&SCIENCEにて

展覧会<PAN>を開催いたします。

 

会場にはパンのオブジェやドローイング、展覧会を記念した作品集、

ARTS & SCIENCE とのコラボレーションによるグッズがならびます。

 

グッズご予約注文サイトはこちら。

https://nstore.stores.jp/#!/

 

また、TARUI BAKERY特製のパンも数量限定にて販売。

ぜひ、お越しください。 

http://www.arts-science.com/event/2015/02/28/noritake_-_pan.html

_

 

Noritake - PAN

AT THE CORNER by ARTS&SCIENCE

THU.19th MAR 2015 - SUN.5th APR 2015
12:00-20:00

 

AT THE CORNER by ARTS&SCIENCE
109 PALACE AOYAMA
6-1-6 MINAMI AOYAMA MINATO-KU
TOKYO 107-0062 JAPAN
TEL: ++81 (0)3 6418 7960 

 

 

BRUTUS No.793

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

f:id:hynm_noritake:20150113030112j:plain

BRUTUS No.793」

 

1/13本日発売のBRUTUS 20152/1 No.793「夢の値段2015」の

カバーおよび巻頭イラストを担当させていただきました。

http://goo.gl/so1GjY

 

連動企画としてZOZOTOWNでは、関連商品が購入できるそうです。

ぜひ、チェックしてみてください。

http://zozo.jp/brutus/

 

ちなみに、BRUTUS は、ムックを含めると、これまで4冊の

カバーイラストを描かせていただいています。

ぜひ、バックナンバーもご確認ください。

 

f:id:hynm_noritake:20121020222557j:plain

BRUTUS No.742」

 

f:id:hynm_noritake:20150113025955j:plain

BRUTUS 特別編集 もっとおいしいコーヒーの進化論。」

 

f:id:hynm_noritake:20150111072928j:plain

BRUTUS No.755」

 

f:id:hynm_noritake:20131225161155j:plain

BRUTUS No.770」

 

よろしくお願いします。

 

Noritake

高知 23 Nov - 24 Nov 2014

 

こんにちは。

Noritakeです。

 

11/23,24の二日間、高知に行ってきました。

二日間の短い滞在でしたが、Instagramにどんどん写真をアップしてました。

 

今回の目的は、宣伝美術で関わらせていただいている映画「0,5ミリ」の

高知特設劇場での映画鑑賞、11/23(日)夜におこなわれる寺尾紗穂さんの

ライブと劇場の壁面への壁画制作など。

観光も楽しめました。

 

簡単ですが、以下にまとめを残しておきます。

 

1日目 11/23(日)

宣伝美術を一緒に制作したサンアドのコピーライター岩崎さん、デザイナー

島田さん二人と朝7時半に羽田に集合し、高知に向かう。1時間半で到着。

あっという間に到着。

 

到着早々、日曜市へ。チャーテ、イタドリなどの初見の野菜や芋てんなどの

惣菜が並ぶ。民芸品もいくつかある。すごい活気。

 

昼ごはんは、ひろめ市場へ。あふれる人たちの中、席を確保して、

日曜市で買った惣菜などを生ビールと共に。

 


その後、牧野富太郎植物園へ。

タクシーから降りて、現れる大きな温室の外観に楽しみが膨らむ。

期待どおり、温室は植物が無数に生い茂り、

天高のガラスばりの屋根も中から見て美しい。外は紅葉が綺麗。

館内の牧野氏の資料、企画展もすばらしい。

 

夜は、映画「0,5ミリ」高知特設劇場での寺尾紗穂さんのライブ。

初めて訪れた劇場は、数ヶ月前は公園の広場だった場所に建てられたもの。

古い映画館から移設された椅子は座り心地がよい。映画館で聴く歌は美しい。

 

ライブ終了後、会場壁面にドローイング。主人公・サワちゃんのイラストを描く。

その後、呑みの席へ合流。安藤桃子さん、安藤和津さん、スタッフ、友人の

大所帯の宴会。くだらない話をして満喫。深夜、ホテルに戻る。

 

2日目 11/24(月) 


朝、「横山隆一まんが館」が近くにあるというので立ち寄る。

立ち寄るだけのつもりが、長居。

漫画やアニメ、イラストの楽しさが伝わる作品の数々に見入ってしまう。

また、横山氏の生活や言葉の魅力も少し知る事ができた。

 


その後、沢田マンション。補修、改装を繰り返している有名なマンション。

ところどころ大胆で、傾斜をあがっていく仕組みは初めての体験、

なにより住みやすそうな雰囲気が印象的だった。空き室もあるよう。

 

昼食。街を少し巡り、おでん、練り物などをつまみつつ、

海鮮丼を目当てにひろめ市場へ再び。

街を歩いていると、集まって、外でご飯を食べたり、

談笑してる人がとても多いのが印象に残った。

 


その後、再び、映画「0,5ミリ」高知特設劇場へ、映画を鑑賞。

たくさんのお客さんが映画を楽しんで見ていた。

劇場前では、露店が並び、その中のマッサージ屋さんで

30分マッサージをうけると、帰る時間。

桃子さん、スタッフの皆さんとお別れし、龍馬空港へ。

羽田には夜到着。

 

短い時間でしたが、楽しい高知滞在となりました。

 

日差しの強さ、昼夜の寒暖差、低層階の建物、広い道幅は、

数年前に訪れたサンフランシスコと似ている印象もありました。

また、人の横のつながりを、短い間でもたびたび感じました。

映画「0,5ミリ」制作チームとの関係も横のつながりが強く、

高知らしい進め方だったのかもしれません。

 

 映画「0,5ミリ」は全国で公開中。

期間延長やこれから公開される映画館もありますので、

ぜひお越し下さい。

 

映画『0.5ミリ』公式サイト

 

よろしくお願いします。

 

Noritake